講演会&講座

講演会と講座の活動報告です。

平成29年度

アロマボランティア・フォローアップ講座

【日時】 平成29年 7月8日(土) 13時〜15時
【場所】 パレット柏ミーティングルームE
【費用】 1000円
【内容】 アロマトリートメントの講義とハンドの実習 持ち物タオル  
【講師】 薬剤師・アロマテラピスト 長谷川記子先生

詳細

平成28年度

 公開講演会 「家庭医療と薬剤師について」 〜かかりつけの医師・薬剤師がいると安心です〜 を開催します
 
家庭医療は、赤ちゃんから高齢者まで、年齢性別を問わず、家族単位、地域単位での視点を持って外来・在宅診療を行います。
これからの薬剤師も同様な働き方が求められています。地域における家庭医と薬剤師の役割、活動などについて、
ご一緒に考えてみませんか。 
 
 
平成27年9月10日(土) 14:00〜16:30(開場:13:30)   
アミュゼ柏プラザ (柏駅東口徒歩7分) 
入場無料 定員先着 150名 
※当日会場に直接お越し下さい 
 
   【講演者】 
 
 家庭医療について
 ホームクリニック柏 医師 織田暁寿 つなぐ薬局 薬剤師 内山伴紀 地域と薬局のかかわり方 

<経歴>
千葉県南房総市出身
千葉大学医学部附属病院等で
外科研修後、
亀田ファミリークリニック
館山家庭医診療科で家庭医として研修。
2011年より柏市にて家庭医療、
地域医療に従事。
2014年ホームクリニック柏を桜台に
開院。

<経歴>
つなぐ薬局 管理薬剤師(柏市桜台)
在宅訪問、無菌調剤、
医療用麻薬取扱い
調剤薬局歴10年。
小児科、脳神経外科、
呼吸器内科の門前薬局経験。
在宅医療経験は6年目。
       
 
後援 柏市 柏市社会福祉協議会   

平成27年度

在宅・ホスピスケア 勉強会   "ただ、そばにいるだけでいい"

柏市民活動センター A館2階 会議室

第6回 『療養の不安を語ってみよう』  11月20日(金) 10:20〜11:50

【アドバイザー】 当会在宅サポートさくらコーディネーター・看護師 長尾克子
当会在宅サポートさくらサポート会員・保健師・看護師 岡田茂子

第5回 『看護・介護の専門家とともに語り合おう』  10月30日(金) 10:20〜11:50

【講師】 居宅介護支援・訪問看護・通所介護 和気あいあい理事長 吉田勇氏
第5回講師の吉田勇氏を参加者で囲んだ集合写真

第4回 『家族を介護している方の話を聞いてみよう』  9月18日(金) 10:20〜11:50

【アドバイザー】 当会在宅サポートさくらサポート会員・保健師・看護師 岡田茂子

第3回  『訪問診療医・訪問看護師の話を聞いてみよう』  8月8日(土) 15:20〜16:50

【講師】 在宅緩和ケアのぞみの花クリニック院長 古賀友之氏

第2回  『看取りのこころえ  体験者の話を聞いてみよう』  7月17日(金) 10:20〜11:50

【講師】 当会在宅サポートさくらコーディネーター・看護師 長尾克子
当会在宅サポートさくらサポート会員・保健師・看護師 岡田茂子

第1回 『なぜ、今、在宅・ホスピスケアが必要か?』  6月19日(金) 10:20〜11:50

【講師】 NPO法人ホスピスケアを広める会代表 宮坂いち子
   国立がん研究センター東病院緩和ケア病棟ボランティア 村松洋子

公開講演会 「病院から在宅へ」 〜出前医療の現場から〜 を開催しました

平成27年9月5日(土) 14:00〜16:30   アミュゼ柏 クリスタルホール

【講師】 諏訪中央病院(長野県茅野市) 内科系診療部長・在宅診療部部長・医療安全管理部長 木宏明医師
諏訪中央病院訪問看護ステーション「いろは」所長 小林美恵子看護師

たくさんのご参加ありがとうございました。
応援してくださった全ての方に厚く御礼申し上げます。

一年前に諏訪中央病院を会員の有志の方々と訪問し、
在宅の先生、緩和ケア病棟の先生方の患者さんに対する心優しい対応に感動し、
ぜひこの病院のご紹介をしたいと思ってきました。  (会報かたくり臨時特別号)
その思いが実現し、参加して下さった方々から、素晴らしい講演であったとのお話しや感想を伺いました。
今後も皆様のご協力のもと、更なる地域の住みよいまちづくりに貢献できることを願っています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

諏訪中央病院の名誉院長はベストセラー「がんばらない」で有名な鎌田實先生です。
『あたたかな急性期病院』をスローガンに「やさしく、あたたかい、たしかな医療をめざす」を基本理念に掲げ、医療活動を展開する360床の茅野市・原村・諏訪市によって運営される自治体立病院です。
諏訪中央病院では昭和50年代から「出前の医療」として訪問診療活動が行われてきました。
24時間365日のケアを地域のさまざまな関係諸機関と連携しながら、地域とともにひとりを支える在宅医療を提供している病院です。
諏訪中央病院という医療モデルから、東葛飾地域の在宅医療のあり方を考えるきっかけになりました。

ホスピスケアを広める会 代表 宮坂いち子

木医師のプロフィール

1960年(昭和35年)名古屋生まれ
1987年(昭和62年)名古屋大学医学部卒業) 岐阜県高山の病院にて研修開始
1995年(平成7年)諏訪中央病院に赴任
【趣味】 読書・音楽・ギター
【愛車】  ハーレーダビットソン(05年製ヘリテイジ・ソフテイル・クラッシック)

小林看護師  木医師  木医師が長淵剛の歌を熱唱

講演会終了後の講師と会員の集合写真

参加された方のご感想@

本日は誠に結構な講演を拝聴しました。
軽やかなトーンはミニ寄席的な気分、あの声量豊かな独唱はあたかもライブ?
長淵剛の ♪NEVER CHANGE♪  ♪Mother♪  ♪鶴になった父ちゃん♪  ♪人間♪
これらの歌詞は帰宅して改めて通読しました。
こんな感動する歌詞を歌いながらの講演会、超素晴らしかったです、初めてです。
八十路の輩は只々感嘆するのみのシンガードクターでした。
「医療は生活の一部だ」「安心の提供が仕事だ」とは、けだし名言。
その後のQ&Aも軽やかに笑わらせながらのひとときでした。善き一日でした。有難うございました。

参加された方のご感想A

昨日の講演会は予想以上の内容でした。
私は親の介護に一区切りついて、間もなく自分自身の切実な問題になろうとしています。
在宅で介護して貰い、自宅で死を迎える事は理想ですが、最初から諦めていました。
地域の現状がそれを許して呉れるとは到底思えませんが、努力すれば、可能性があるのかなと気持ちが動きました。

アロマボランティア・フォローアップ講座

平成27年 5月9日(土) けやきプラザ7階 介護実習室
【費用】 1000円
【内容】 認知症予防 ・ 症状別の使用オイル ・ 禁忌及び注意事項 ・ ハンドトリートメントの復習
【講師】 薬剤師・アロマテラピスト 長谷川記子先生

平成26年度

公開講演会 「看取りナビ」 〜家族の体験から学ぶ〜 を開催しました

平成26年9月6日(土)アミュゼ柏プラザ

【第1部】 看取り体験者の話

@宮坂代表 : 親代わりの伯母を施設で看取った体験
A作田幸江さん(在宅サポート・さくらのご利用者) : 一人暮らしの妹を在宅で看取った体験
B杉山晴江さん(会員) : 実母を在宅介護の後、最後は病院で看取った体験

宮坂代表  作田幸江氏  杉山晴江氏
@施設での看取り     A一人暮らしの妹を在宅で看取る   B在宅療養から最後は病院で

御三方とも、それぞれの立場で思い悩みながら、大切な人に寄り添い送られた経験を、心を込めて話してくださいました。

【第2部】

「柏市の在宅医療の取り組みについて」  柏市地域医療連携センター 吉田みどり
吉田みどり氏  最後まで暮らし続けられる柏になるために

「在宅療養支援診療所の医師から見た看取り」  さくさべ坂通り診療所 院長 大岩孝司
大岩医師  緩和ケア あなたが主治医  看取りは生きてきた 生きることを支援した結果である
大岩孝司先生プロフィール   医師。 1947年生まれ。
1972年、千葉大学医学部を卒業後、同大学医学部肺癌研究施設外科部門に入局。
その後、国立佐倉病院、結核予防会複十字病院(清瀬市)、鎗田病院(市原市)、松戸市立東松戸病院を経て
2001年、千葉市に「さくさべ坂通り診療所」という在宅緩和ケア専門の診療所を開設。
終末期のがん患者の在宅療養を応援している。

会場全体
スタッフ集合写真

大岩医師と宮坂代表  杉山さん 古賀医師 作田さん  吉田さんとスタッフ

アロマ・ボランティア養成講座 〜介護や心のケアに〜 を開催しました     けやきプラザ 7階介護実習室

講師  チェリッシュ・アロマテラピー代表 長谷川記子(アロマセラピスト)

使用テキスト  『ガンを癒すアロマテラピー』 長谷川記子著・リヨン社発行

初級基礎講座

平成26年 7月12日(土),26日(土)の2日間   午後1時30〜4時30分(開場午後1時)

1 アロマテラピーの基礎知識
2 精油の用法
3 精油についての注意事項
4 手足のアロマトリートメントの実習
5 アロマテラピー 
6 芳香浴および統合セラピー
7 代表的アロマオイル
8 介護・ケアのアロマ実習

中級基礎講座

平成26年 8月23日(土),9月20日(土)の2日間   午後1時30〜4時30分(開場午後1時)
1 介護・医療の実践ケア   フット・ハンド・芳香ケア
2 介護・医療のアロマ・カウンセリング   (こころのケア)
3 使用不可精油および禁忌、注意事項
4 ケーススタディー 各症状に合わせての精油の使用法 @ガン A認知症 Bマヒ C不安 D孤独感 E不眠 Fその他の症状

長谷川先生 会場全景 机間指導 机間指導 フットトリートメントの練習 ハンドトリートメントの練習

平成25年度

特別勉強会 「がん対策基本法の見直しと在宅緩和ケアセンターモデルについて」

平成25年12月14日(土)13:00〜15:00  北柏当会事務所
【講師】 国立がん研究センター東病院 緩和医療科 科長 木下寛也先生

<代表:宮坂いち子>
過日の、がん対策委員会で木下先生が提案されていた1枚の表について、
私達地域の住人である当会の会員にご説明いただきました。
会員が地域医療に理解を深められるようにという主旨での研修でした。

<理事:村松洋子>
木下先生の特別勉強会、ありがとうございました。
当会の狭い事務所までバスと電車を乗り継いで、木下先生が来て下さったことに驚いています。
拠点病院の緩和ケア病棟医長が、この様な構想を持っていらっしゃることに心強く頼もしく思いました。
12月16日(月)にPCUのボランティア活動に参りましたところ、木下先生にお会いしましたので、
お礼を申し上げましたところ、「楽しかったです」 と おっしゃっていました。
医療 ・ 行政 ・ 市民のネットワークが一日も早く構築され、機能する日が来るようお祈りしましょう。
『在宅サポートさくら』 の活動が期待されていますね。
宮坂代表 ・ 長尾コーディネーター ・ これまでに係って来られた先輩方に敬意を表します。

<会員:本田愛子>
ホスピスケアを広める会の勉強会にお誘い頂き参加させていただきました。
国立がん研究センター東病院の木下寛也先生から、がん対策基本法の見直しと在宅緩和ケアセンターモデルについて、現在の状況と今後の支援のあり方等を講演して頂き、先生とみなさんでいろいろ意見、経験談等を話し合い貴重な時間があっという間に過ぎてしまい、とても充実した勉強会でした。

柏市共催 公開講演会 「看取りのこころえ」 〜旅立ちを見送るために〜

平成25年9月7日(土)午後1時30分〜4時  開場:午後1時  場所:ウエルネス柏4階研修室  参加費無料

「豊かな死を看取る」 〜地域での医療と介護の実践から〜 いらはら診療所 苛原実院長
「在宅緩和ケアの現場から」 〜患者や家族に寄り添う医療〜 のぞみの花クリニック 古賀友之院長
「医師として僧侶としての死生観」 乳腺クリニック長瀬外科 長瀬慈村院長

いらはら診療所院長 苛原 実 のぞみの花クリニック院長 古賀友之 乳腺クリニック長瀬外科院長 長瀬慈村

   いらはら診療所 苛原実院長      のぞみの花クリニック 古賀友之院長     乳腺クリニック長瀬外科 長瀬慈村院長

ウェルネス柏の全景 ウェルネス柏近くの白鳥 ウェルネス柏近くのキジ

美しい自然に囲まれたウェルネス柏

アロマ・ボランティア養成講座

アロマイメージ

アロマ・トリートメントを通して、相手の心に寄り添う傾聴ボランティアの養成講座です。   チラシ

平成25年 5月24日(金) ,6月7日(金)  午後1時〜5時
会場 : ハックルベリー ブックス 2階  http://www.huckleberrybooks.jp/map/access.html
講師 : アロマインストラクター 林 美歩 http://lumiere-miho.com/

第1日目                   第2日目
@アロマテラピーとは何か?       Dアロマと傾聴
A精油についての注意事項       E精油の使い方
B代表的な精油について         Fアロマ・スプレー作り
Cハンド・トリートメント実習        G介護・ケアの注意事項
                         Hセルフ・フットケアとフット・トリートメント実習

会場の全景

アロマ・ボランティア養成講座リポート (田村)

お一人キャンセルが入り、8名の参加で和やかに実施いたしました。

最初は皆さん緊張されていらっしゃいましたが、
3時のティータイムの後は、すっかり打ち解けられて、
ハンド・トリートメントの実習は笑い声が絶えず、
いい雰囲気で終えることができました。

講師の林美歩さん

会場の雰囲気もさることながら、広さと人数の兼ね合いも丁度よく、
外のテラスでハーブティを楽しみながら、あっという間の4時間でした。

何より、林さんの講義は、さすがプロですね〜!
トリートメントの効力を皆さんが体で感じることが出来て、納得されていました。

傾聴の心得も学ぶ2日間の研修を終え、新たに2名の方が入会されました。

平成24年度

ミニ講演会 『 のぞみの花クリニックの在宅医療について 』 のぞみの花クリニック院長 古賀友之先生

平成24年11月10日(土) 午後1時〜3時 アミュゼ柏5階 会議室D

講演会場全景 古賀友之先生

当会の賛助会員でもある古賀先生が、ご自身が実践されている在宅医療について
パワーポイントを使って、穏やかで明るい口調で話してくださいました。
患者さんやご家族の笑顔の写真がとても印象的でした。

≪寄せられた感想≫

●ご家族の看病をされている作田幸江さんの感想
古賀先生のミニ講演会の後、お話しできませんでしたので、少しスペースをいただきました。
乳ガンの転移に依り、昨年の8月より緩和ケアに切り替えました。
10月より今年の3月まで入退院を繰り返す中、訪問診療を受けておりました。
何故か不安があり、暗中模索が続いておりました。
そんな折、“ホスピスケアを広める会”とのご縁で古賀先生との出会いがありました。
講演会でのお話しの通りの事を日々、繰り返し診療をしていただいております。
最大の苦痛だった不眠が解消され、薬のコントロールの為の入退院もなくなり、安心して家で過ごしております。
併せて、看護師さん、ケアマネージャーさん達の勧めで、ヘルパーさんのお世話を頂き、私の生活も取り戻すことが出来ました。
皆様方との出会いに助けて頂き、心より感謝しております。ありがとうございます。

●地域の在宅医療に情熱を持って活動している若い先生がおられ、その活動の様子を写真も見ながらご説明いただけ、嬉しく思いました。
病気になっても、家で寝込んでも、最後まで見守ってくださるドクターがおられるなんて、柏市は素晴らしい所です。(I.M.)

●往診と訪問診療の違い、在宅医療と入院治療の違いが、明確に分かりました。
この違いを知っているだけでも、自分の終末をどう迎えたいかの大きな判断材料になると思います。
でも、古賀先生が100人いないと、在宅を望んだ人の願いは、なかなか叶わないませんね。

公開講演会 「エンディングノートの書き方」 〜自分らしい人生の幕引きのために〜

平成24年 10月6日(土) 午後2時〜4時  けやきプラザ7階研修室
講師 : 聖徳大学生涯文化学科教授 日本初のお墓プランナー 長江 曜子 先生

エンディングノート表紙

いざという時、愛する家族や周りの人が困ることがないように、
あらかじめ自分の想いを書き留めておく「エンディングノート」。
生前、ちょっと照れくさくて言えないようなメッセージを
「エンディングノート」に残しておくことで
家族のグリーフワークに役立つこともあります。

長江曜子先生 長江曜子先生を囲んで記念撮影

長江先生のお話は具体的で勉強になりました。
人生の幕引きを、先生のお人柄か、明るくお話頂けて、不適切かもしれませんが楽しかったです。
お客様からも「この先生、お話が上手ね〜」という声が聞こえました。

平成24年度 アロマ・ボランティア養成講座

平成24年 7月28日(土)、 8月25日(土)の2日間  けやきプラザ7階研修室
講師 : 薬剤師/アロマテラピスト 長谷川 記子 先生

長谷川記子先生 足のトリートメント実習 足のトリートメント実習

第1日目(7/28)             第2日目(8/25)
1.アロマテラピーとは何か?      5.アロマスプレーの作り方実習
2.精油の用法               6.芳香浴および統合セラピー
3.精油についての注意事項      7.代表的アロマオイル
4.手足のアロママッサージ実習    8.介護・ケアの実習アロマ

26名の方が受講され、無事終了いたしました。
そして嬉しいことに新しく12名の方が入会されました。

ミニ講演会 『 がん患者の在宅支援と有病者の心理について 』 がん患者生活コーディネーター 真家年江氏

平成24年6月9日(土)午後1時〜午後3時  我孫子駅前けやきプラザ7階介護実習室

真家年江さん 講演会場全景

当会会員でもある真家年江さんは、2度のがんと難病のギランバレー症候群の後遺症を抱えていらっしゃいます。 ご自身の病経験を人の為に役立てたいと勉強され、さまざまな支援活動に繋げている様子を、 パワーポイントを使って分かりやすく話してくださいました。
  講演内容

真家年江さんプロフィール
筑波大学博士課程人間総合科学研究科ヒューマンケア専攻後期2年、
新潟大学歯学部非常勤講師、歯科衛生士、がん患者生活コーディネーター

平成23年度

「アロマ・ボランティア養成講座 "フォローアップ編" 」を開催しました

アロマ・ボランティア養成講座フォローアップ編講座風景

平成24年3月31日(土) 午前10時〜正午  けやきプラザ 7階研修室
講師  : 長谷川記子先生

アロマ・ボランティア養成講座フォローアップ編講座風景 アロマ・ボランティア養成講座フォローアップ編講座風景 当会主催のアロマ・ボランティア養成講座を受講された皆様が、ご家族やご友人に、またはセルフケアとしてアロマのトリートメントを実際に試されてみて、疑問に思うことにお答えしたり、アロマの基本をもう一度確認していただきました。

公開講演会 マザー・テレサ生誕100 周年記念作品 「マザー・テレサと生きる」

後援 : 柏市 ・ 柏市社会福祉協議会 ・ 柏市医師会

  平成24 年1 月21 日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
  場所:アミュゼ柏プラザ(柏駅東口徒歩7 分)

一般の方46名、ご招待6名、会員24名、合計76名の参加がありました。
冷たい雨が降るお天気でしたが、マザーから学ぼうという熱気に会場内は包まれ、
入り口ではアロマ・ハンド・トリートメントの香りが漂い、
ホスピスケアの精神を改めて確認できた講演会だったと思います。

  ≪作品紹介≫
  監督:千葉茂樹   企画・製作:女子パウロ会   製作協力:近代映画協会
  語り:山根基世(ことばの杜)
宗教や人種を超え、貧しい人々のために生きたマザー・テレサの生誕100 年を記念したドキュメンタリー。
1979 年にはノーベル平和賞を受賞し、1997 年に亡くなるまで愛とは何かを世界中に示し続けたマザー・テレサの精神を追う。
監督は『マザー・テレサとその世界』で、日本人として初めて取材を許可された千葉茂樹。
マザー・テレサの後継者シスター・ニルマラ総長の特別許可のもと、初めて撮影された貴重な映像の数々が見どころ。

≪ストーリー≫
マザー・テレサが深く心に留め、生涯で3 度も訪れた日本。
マザーの死後12 年経った今、彼女の精神はどのように受け継がれ、活動に影響しているのか?
コルカタ(旧カルカッタ)の施設である死を待つ人の家で働く日本人医学生たちや、
東京のホスピスきぼうのいえで働く奉仕者たちの姿を追いながら、マザー・テレサの精神について考える。

★ 監督による講演 「今、マザー・テレサに学ぶ」 もありました ★

≪千葉茂樹監督プロフィール≫
昭和8年生まれ。福島県出身。川崎市在住。
日本大学芸術学部映画学科卒。近代映画協会、日本シナリオ作家協会に所属。現日本映画学校副校長。

≪千葉茂樹監督の主な作品≫
1979年 『マザー・テレサとその世界』 キネマ旬報「文化部門」第1位
                        毎日映画コンクール教育文化映画第1位
                        日本ペンクラブ・ノンシアトリカル部門第1位
                        日本赤十字映画祭特別賞・最優秀賞
1981年 『マザー・テレサの祈り 生命それは愛』 『アウシュビッツ愛の奇跡 コルベ神父の生涯』
1999年 『豪日に架ける〜愛の鉄道』 2001年OCIC・JAPAN 特別優秀賞
2006年 『シネリテラシー・映画をつくる子供たち〜オーストラリアの挑戦〜』 2006年豪日交流基金賞
2009年 『マザー・テレサと生きる』 生誕100 周年記念作品
      『アンデスの嶺のもとに』 毎日映画コンクール教育文化映画部門第1位
著書も、「マザー・テレサとその世界」 「コルベ神父」ほか多数

【参加者の一言】 多くの方から感想をいただきました。

★いざわさんと宮下さんの話に感動しました。自分の精神が洗われたようでした。
 弱い者への思いやりが大切だと思い知りました。

★ボランティアのエッセンスを再確認しました。

★この度は素晴らしい講演会を開いてくださりありがとうございました。
 私はマザー・テレサのコルカタにある“ジシュ・ババン”といおう児童養護施設でボランティアをさせていただきました。
 そこには、目に見える愛がたくさんありました。
 マザーの愛が柏にもあること...本当に嬉しく思いました。
 皆様の活動をこれからも応援しています。

★本日39回目の誕生日に、マザー・テレサの入り口に触れることができて、これからの活動への大きな気づきとなりました。
 心と身体のケア、ホスピスケアを今後私自身も関与しながら活動できたらと思っています。

公開講座  第2回 アロマ・ボランティア養成講座

アロマ講師のイメージイラスト

日時 : 10/29(土)、11/19(土)の2日間 午後1時〜5時
会場 : けやきプラザ (千葉県福祉ふれあいプラザ) 7階介護実習室
講師 : 薬剤師/アロマテラピスト 長谷川記子先生

養成講座の様子   養成講座の様子  第1日目(10月29日)
  1.アロマテラピーとは何か?
  2.精油の用法
  3.精油についての注意事項
  4.手足のアロママッサージ実習

養成講座の様子   養成講座の様子  第2日目(11月19日)
  5.アロマスプレーの作り方実習
  6.芳香浴および統合セラピー
  7.代表的アロマオイル
  8.介護・ケアの実習アロマ

公開講演会  在宅緩和ケアのネットワークづくり  〜地域でガン患者・家族を支えるために〜

柏市・NPO法人ホスピスケアを広める会共催/柏市医師会後援

日時 : 平成23年10月8日(土)午後1時30分〜4時 (開場:午後1時)
会場 : ウェルネス柏 4階研修室
対象 : 在宅緩和ケアに関心のある方 100名 講演会のイメージイラスト

第1部 講演会 13:35〜14:35

 「在宅医療の中のがん患者とその支援ネットワーク」

がんのホームドクター! さくさべり坂通り診療所 院長 大岩孝司

 「柏市における緩和ケアの現状」

国立がん研究センター東病院 緩和医療科・精神腫瘍科 科長 木下實也

第2部 パネルディスカッション + 質疑応答 14:45〜15:45

 「地域でがん患者・家族を支えるネットワークづくり」

講演会 【パネリスト】

国立がん研究センター東病院 緩和医療科・精神腫瘍科 科長 木下實也
がんのホームドクター! さくさべり坂通り診療所 院長 大岩孝司
あおぞら診療所新松戸 古賀友之 講演会
柏市医師会 長瀬慈村
ホスピスケアを広める会 長尾克子
柏市保健福祉部福祉政策室長 野村 晋

アロマハンドトリートメント アロマハンドトリートメント
講演会の開始前の25分間、
アロマ・ハンド・トリートメントのボランティアをしました。

公開講座  第1回 アロマ・ボランティア養成講座

日時 : 7月30日(土)、8月6日(土)の2日間 午後1時〜5時 
会場 : 柏市教育福祉会館 2階和室
講師 : 薬剤師/アロマテラピスト 長谷川記子先生

アロマボランティア養成講座の様子その1   アロマボランティア養成講座の様子その2   アロマボランティア養成講座の様子その3   アロマボランティア養成講座の様子その4

在宅の患者さんやそのご家族、そして毎日精一杯頑張っている方々の『心と魂のケア』を目指して、
昨年の夏に引き続き、今年も「アロマ・ボランティア養成講座」を実施しました。
長谷川記子先生のもと、参加者26名がお互いに癒し合いながら実技を中心に学び、修了証を手にいたしました。
おかげさまで今後のアロマ・ボランティア活動の広まりに期待が持てそうです。

平成22年度

公開講演会  マザー生誕100年記念映画・講演会 『マザー・テレサからの贈り物』

平成22年9月25日(土)午後2時〜4時
会場:けやきプラザ・ふれあいホール(JR常磐線我孫子駅南口徒歩1分)
定員:500人
参加費:1000円(学生500円、障がい者無料)

ドキュメンタリー映画『今ここに愛の軌跡/マザー・テレサ』の上映後、千葉茂樹監督が、まるで聴いている私たちもその場に居合わせているような臨場感のある語り口で、マザーの言葉を伝えてくださいました。
質疑応答の際、千葉監督にはこれからもお元気でたくさんの方にマザー・テレサのメッセージを伝えて頂きたい、との要望が寄せられました。 <関連記事> かたくり第19号

公開講座  「病院・在宅アロマボランティア養成講座」

平成22年7月31日(土)、8月7日(土)の2日間 午後1時〜5時
会場:柏市教育福祉会館2階和室
講師:薬剤師・アロマテラピスト 長谷川記子先生
定員:月1回アロマボランティアのできる方 20名
費用:2日間で3,000円(オイル等材料費は別途徴収、1,500円程度)     ☆修了書あり

7月31日(土)、8月7日(土)の2日間、アロマテラピストの長谷川記子先生による8時間の講義と実習を27名の受講生が熱心に受けました。
会員以外の方も17名参加され、講座終了後には3名の方が当会に入会し、今後一緒に高齢者施設や病院等で、アロマのハンドマッサージを行う予定です。 <関連記事> かたくり第19号  アロマ・ボランティア

ミニ講演会  「デンマーク ネスヴェスト市の高齢者対策を研修して」

平成22年6月12日(土)午後1時〜3時  会場:Be-upセンター  参加費:無料

第1部 配食サービスについて  小規模多機能施設「笑実里」施設長  猪早惠美子氏
第2部 高齢者サポートの教育について  江戸川大学教授  宮坂真喜弘氏 <関連記事> かたくり第19号

特別企画  『傾聴の学び カウンセリング講座』 心を聴くために大切なこと

平成22年1月23日(土) 午前9時30分〜午後4時
会場:けやきプラザ7階研修室(JR我孫子駅南口徒歩1分)
講師:臨床心理士 竹前ルリ先生
参加費:2,999円
「傾聴の学び」カウンセリング講座『心を聴くために大切なこと』を学んで

平成21年度

公開講演会  『マザー・テレサに学ぶ命の紡ぎから』

平成21月12月5日(土)午後6時〜8時30分
会場:アミュゼ柏プラザ
定員:140 名
参加費 :1000 円(学生500 円/障害者 無料)

 第1部 映画 「今ここに愛の軌跡/マザー・テレサ」
 第2部 講演
 『私の中のマザーテレサ』  映画監督 千葉茂樹氏
 『マザー・テレサに学ぶ命の紡ぎ方』  堂園メディカルハウス院長 堂園晴彦氏
      堂園メディカルハウスのホームページはこちらです。

ミニ講演会  「在宅医療で思うこと」

平成21年6月13日午後1時30分〜3時
会場:アミュゼ柏会議室
講師:おかだクリニック院長 岡田邦博氏


平成20年度

公開講演会  「がん難民にならないための未来図」 〜地域連携の在宅ケアのため、今何ができるか〜

平成20年11月1日(土)  会場:アミュゼ柏

  1. 「千葉県のがん対策について」
    千葉県健康福祉部健康づくり支援課 山木まさ氏
  2. 「地域がん診療連携拠点病院って何なの?」
    東京慈恵会医科大学付属柏病院 産婦人科診療部長 佐々木寛氏
  3. 「柏市医師会のできること」
    柏市医師会会長 宮地直丸氏
  4. 「柏の葉 『がん患者・家族総合支援センター』 のできること」
    国立がんセンター東病院臨床開発センター 精神腫瘍開発部室長 秋月伸哉氏

ミニ講演会  「がんを早期に見つけよう!」

平成20年5月10日  会場:たんぽぽセンター
講師:東京慈恵会医科大学付属柏病院 産婦人科診療部長 佐々木寛氏

平成19年度

公開講演会  「いのちのしずく達」

平成19年度12月15日
講師:ふじ内科クリニック院長・日本ホスピス在宅ケア研究会理事 内藤いづみ氏


ミニ講演会  「柏市地域包括支援センターの活動」

講師:高木絹代氏    平成19年9月1日

ミニ講演会  「乳がんについて」

講師:斉藤とし子氏    平成19年7月7日

ミニ講演会  「誤嚥を防ぐ口腔ケア」

講師:清水まさみ氏    平成19年2月3日

ミニ講演会  「手と腕のアロマオイルマッサージをもう一度」

講師:染谷範子氏      平成19年1月28日

ミニ講演会  「知的障害者とのお付き合い」

講師:田中純子氏      平成19年1月24日

平成18年度

公開講演会  「開業ナースが支えた在宅ケア」

講師:在宅看護研究センター統合アシスト事業部長 鈴木紀子氏    平成18年12月9日

ミニ講演会  「現代痛み事情」

講師:八木三千代氏    平成18年9月2日

ミニ講演会  「介護者の健康を守るために大切なこと」

講師:池田美智子氏    平成18年6月3日

ミニ講演会  「柏市の地域医療」

講師:浅輪美香子氏    平成18年2月4日

平成17年度

公開講演会  「歌舞伎の中の人間模様」

講師:歌舞伎評論家 林 京平氏    平成17年11月19日

公開講演会  「ホスピスから学ぶ生き方のヒント・苦しみの中でも幸せは見つかる」

講師:横浜甦生ホスピス病棟医長 小澤竹俊氏    平成17年2月27日

ミニ講演会  「手と腕のアロマオイルマッサージ」

講師:染谷範子氏    平成17年11月6日

ミニ講演会  「痴呆老人の心をみつめて」

講師:猪早美恵子氏    平成17年10月2日

ミニ講演会  「訪問看護ステーションで思うこと」

講師:佐藤詔子氏    平成17年9月3日

ミニ講演会  「保健婦の仕事」

講師:岡田成子氏    平成17年7月2日

平成16年度

公開講演会  「在宅で死ぬということ」

講師:聖路加国際病院ナースマネージャー 押川真喜子氏    平成16年1月10日

ミニ講演会  「家に帰ろう!最期まで自分らしく生き暮したい」

講師:NPO在宅ケア市民ネットワークピュア代表 藤田敦子氏    平成16年7月3日

ミニ講演会  「指圧で学ぼう」

講師:小松和幸氏    平成16年6月5日

ミニ講演会  「在宅介護支援ボランティア活動について」

講師:柏市保健福祉部高齢者支援課 木村精一氏    平成16年3月15日

平成15年度

公開講演会  「柏市の在宅医療の現状」

講師:柏ビレッジクリニック医師 遠藤久人氏    平成15年10月4日

ミニ講演会  「在宅訪問で思うこと」

講師:松戸・ハイネス訪問看護ステーション所長 梨木京子氏    平成15年7月4日

平成14年度

公開講演会  「あなたは何処で看取られたいですか」

講師:ペインクリニック院長 小笠原一夫氏    平成14年6月16日

ミニ講演会  「アメリカの緩和医療を研修して」

講師:県立静岡がんセンター医師 田中桂子氏    平成14年7月2日

平成13年度

公開講演会  「市民とともに医療を考える」

講師:千葉西中央病院院長 島村善行氏    平成13年10月27日

ミニ講演会  「NPOの仕組み内容について」

講師:小島琢夫氏    平成13年12月7日

ミニ講演会  「往診・訪問医療の診療所で」

講師:あおぞら診療所医師 和田忠志氏    平成13年11月2日

ミニ講演会  「取材からみた緩和医療」

講師:フリージャーナリスト 東嶋和子氏    平成13年3月10日

ミニ講演会  「看護婦ががんになって」

講師:元千葉大学病院看護師 土橋律子氏    平成13年2月7日

平成12年度

公開講演会  「どうしたらいいのガン告知以後」

講師:ホスピスケア研究会代表 季羽倭文子    平成12年9月30日

公開講演会  「医師が妻にガンを告知する時」

講師:新松戸中央病院医師 熊沢健一氏    平成12年2月19日

ミニ講演会  「在宅医療の実践・地域の連携を目指して」

講師:いらはら診療所院長 苛原実氏    平成12年12月9日

ミニ講演会  「在宅看護の事例」

講師:亀甲台クリニック医師 磯部洋子氏    平成12年6月12日

ミニ講演会  「柏の往診の現状」

講師:北柏クリニック医師 渋谷富雄氏    平成12年6月10日

ミニ講演会  「東葛地域の医療について」

講師:少名子耳鼻咽喉科院長・柏医師会長 少名子正彬氏    平成12年4月10日

平成11年度

公開講演会  「地域医療と在宅ホスピス」

講師:国立がんセンター東病院緩和ケア病棟長 志真康夫氏    平成11年1月30日
講師:柏訪問看護ステーション所長 西澤里子氏    平成11年1月30日

ミニ講演会  「ホスピス認定看護師の資格を取って」

講師:国立がんセンター東病院緩和ケア病棟看護師 鑓水理恵子氏    平成11年12月11日

ミニ講演会  「緩和ケアにおけるカウンセラーの役割」

講師:国立がんセンター臨床心理士 小池真喜子氏    平成11年12月5日

ミニ講演会  「国立がんセンター東病院緩和ケア病棟で妻を看とって」

講師:知久幸夫氏    平成11年7月10日

ミニ講演会  「在宅ホスピスで夫を看とって」

講師:繁山和子氏    平成11年2月13日

平成10年度

公開講演会  「今、なぜホスピスが必要か」

講師:とうかつホスピス研究会代表 宮坂いち子    平成10年9月19日

上に戻る

inserted by FC2 system